小難しい小論文の打開策を伝授します|テーマがカンジン

女子学生

個人に合わせた学習指導

勉学

大手総合学習グループのやる気スイッチでは、学生に向けて個別指導塾のサービスも行っています。生徒との横で直接指導を行なうので、分からない個所や不明な点をすぐに解決できるのが大きなメリットだといえるでしょう。

もっと読む

紙媒体で得られる情報

女子学生

専門学校や大学などの進学を意識し始めるのが高校3年生の時期でしょう。進学をする前に情報収集をすることは非常に大切です。webサイトもでも情報収集はできますが、やはり資料請求をするのが一番でしょう。

もっと読む

学校の選び方と基準

勉強

卒業を控える高校3年生や現在就業中だが、スキルを身に付けて転職を考えている社会人が進学する学校があります。それが専門学校です。学校を調べるときはネットなどで一覧を見ると参考になるでしょう。

もっと読む

文章を書く際の参考情報

原稿用紙

大学や専門学校に入学する際に「小論文」という選考フローがあるでしょう。難しい小論文の打開策を伝授していきます。よくあるのが小論文と作文を混合して書いてしまうケースです。作文は自身の体験談や感想を記載する文章です。それに対して小論文は自分ではこう考えるという意見を述べた後に、なぜそうなるかの理由付けを行なう文章となります。問われているテーマに対してただ思ったことを述べるのではく、論理的な考えとそれに対しての紐づけを行なうことが重要なのです。実際の選考ではどんなテーマが出てくるか分かりません。受験をする前から、自分で文章を書く練習をしておき、本番で困らないようにしておく準備をしておくことが大切だといえるでしょう。練習をするときは1つのテーマに偏るのではなく、複数のケースを想定して文章を書くのがコツです。
とはいえ、ある程度出てくるテーマを絞って予想しておかないと勉強時間がムダになってしまいます。そのようなムダを発生させないためにインターネットを活用すると良いでしょう。ネットでは実際に大学や専門学校を受験した人の体験記が数多く掲載されています。「この専門学校はこのようなテーマの小論文が出た」などの情報収集をすることができるのです。そのような情報を集めることで、ある程度テーマを絞ることができます。また、情報が掲載されているサイトには次受験する人に向けたアドバイスなどが載っていることもあるでしょう。実際に受けた人のアドバイスなので非常に参考にしやすいです。